Volkswagen Yamaguchi

MENU

もっと知りたいフォルクスワーゲン山口

INFORMATION

フォルクスワーゲン山口の最新情報を掲載します

電話で聞いてみる:0120-550-262

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. トピックス
  4. フォルクスワーゲンは、パートナー企業とインテリジェント・モビリティの未来を推進しています。
topics

フォルクスワーゲンは、パートナー企業とインテリジェント・モビリティの未来を推進しています。

2020/10/24

  • twitter
  • hatenabookmark
  • line

クルマの新たなインテリアや、生産施設の新たなイメージ。e-モビリティの最新拠点として、ガラスの工場には見どころがたくさんあります。この工場は電気自動車に興味のある人に幅広く開放されています。
生産ラインのツアーではe-Golfがどのように作られるのかを、詳しく学ぶことができます。今後はVRヘッドセットを使うことでさらに深い理解を提供できるようになるでしょう。

»モビリティサービス市場は急速に成長しています«

リアリティを超えて:VRヘッドセットを活用したツアーが間もなく始まります。

自動車は、この物語(スマートシティ・スマートモビリティ)のほんの一部でしかありません。電気自動車とドライバー・アシスタンスシステムの提供だけでは持続可能なモビリティを牽引する世界トップレベルの企業にはなれないのです。
「クルマとドライバーがネットワーク上で繋がることで、今では考えられないような高度なサービスが受けられるようになるでしょう」とSiegfried Fiebigは語ります。
モビリティサービス市場は、新たなサービス制作に利用される大量のビックデータを活用しながら、さらに拡大していきます。例えば渋滞回避や迂回路の再設定。また、空き駐車場やすぐに使える充電ステーションへの誘導など。もちろんリアルタイムでデータ共有できることが理想です。
「フォルクスワーゲンは、先進的なソリューションを使ったスマートシティの実現に向けて重要な役割を果たしたいと考えています」とFiebigはさらに語っています。

これらの実現化に向けては、さまざまなアイデアが上がっています。
フォルクスワーゲンは都市部の交通を判断する人工知能を利用したUMAアプリを開発しました。また世界中で学生たちが革新的なソフトウェアプログラムを考案しており、若い研究者や企業家がベンチャーを立ち上げています。彼らはデジタルの動向とモビリティについて解析するソリューションやカーシェアリング、またその車両のデリバリー技術について焦点を当てて研究しています。
このデジタル時代ではローンチのスピードも重要となります。「技術は急速に進化しています。現在運用されているテクノロジーは、2年前にはアイデアさえありませんでした。」とsunhill technologiesのMark Riedlは語ります。エアランゲン市に拠点を置くこの会社はつい最近までスタートアップ企業でしたが、今ではモバイル決済サービスのリーダー的存在になっています。
例えば、TraviPayアプリは車内で簡単にさまざまな地域の駐車券が購入できます。Charge&Fuelアプリは充電ステーションでキャッシュレスの利用を可能にしました。最近になって、Volkswagen Financial Servicesはこのsunhill technologiesを買収しました。


CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE最新記事一覧